「第19回 国際食品素材/添加物展・会議」(2014/5.21〜23)開催 〜美食大陸 おいしさと健康の旅

2014年5月21日(水)〜23日(金)、東京ビッグサイトで、叶H品化学新聞社主催の「第19回 国際食品素材/添加物展・会議」及び「第12回 ヘルスフードエキスポ」が開催された。3日間で来場者は、32,961名を数えた。
展示会場内テーマゾーンでは、アンチエイジング・美容素材コーナー、食の安全・科学ゾーン、エキス調味料コーナー、産学官連携イノベーションコーナー、受託・パッケージングコーナー、機能性おやつパビリオンなどが設けられた。

今回の注目企画としては、おいしい健康パンコーナー、スポーツニュートリションコーナー、食と健康(高齢者・生活習慣病対応)コーナー、など。また、会議棟セミナーでは、発酵が導く健康とおいしさセミナー、機能性農産物セミナー、クリルオイル研究会、おいしい減塩プロジェクトなどが開催された。
企業プレゼンテーションセミナーでは、「どう変わる、2015年以降の健康食品市場」(協和発酵バイオ梶j、「こんにゃくセラミドのシワ改善作用について」(ユニチカ梶j、「ルテオリン高含有 菊の花エキス」(オリザ油化梶j、「レジスタントスターチの生理機能」(イングレディオンジャパン梶jなどが行われた。

【食品素材展・バックナンバー】
成長市場「シニアマーケット」攻略の糸口に、第32回「健康博覧会2014」  
 (主催:UBMメディア梶j

「抗加齢」「高齢者福祉・介護予防」を2大テーマに 「IMEC2014 / 統合医療展」  
 (主催:UBMメディア梶j

『冷え対策』『腸内環境改善』など見どころ「第31回健康博覧会2013」  
 (主催:UBMメディア梶j

健康ビジネスの新たなステージ「第30回健康博覧会2012」  
 (主催:UBMメディア梶j

「第16回国際食品素材/添加物・会議(ifiaJAPAN 2011)」
 第9回ヘルスフードエキスポ(HFE JAPAN 2011)
 
 (主催:食品化学新聞社)

食品の健康機能と品質・安全性の探求をテーマに「食品開発展2010」  
 (主催:UBMメディア梶j

健康産業ビジネスの最新トレンド「第28回健康博覧会2010」  
 (主催:UBMメディア梶j

「第14回国際食品素材/添加物・会議(ifiaJAPAN 2009)」
 第7回ヘルスフードエキスポ(HFE JAPAN 2009)
 
 (主催:食品化学新聞社)

健康食品の原料供給・受注加工「健食原料・素材・OEM展 2009」 
 (主催:ヘルスビジネスマガジン社)

国内最大級の健康産業の専門展示会「健康博覧会2009」 
 (主催:CMPジャパン株式会社)

世界経済を牽引するバイオ産業「Bio Japan 2008」 
 (主催:バイオジャパン組織委員会、日経BP社他)

注目の機能性素材・健康素材が結集、「食品開発展2008」 
 (主催:CMPジャパン株式会社)

「第13回国際食品素材/添加物展・会議(ifia JAPAN 2008)」
 第6回ヘルスフードエキスポ(HFE JAPAN 2008)
 
 (主催:食品化学新聞社)

「SUPPLY EXPO Japan (健食原料・素材・OEM展2008」
 (主催:ヘルスビジネスマガジン社)

"一億総予防医療"時代の幕開け"「統合医療展2008」
 (主催:CMPジャパン株式会社)
「健康博覧会2008」、「2008シニアライフEXPO」
 (主催:CMPジャパン株式会社)
最新のバイオテクノロジーが結集、「Bio Japan 2007」
 (主催:バイオジャパン2007組織委員会)
ダイエット&ビューティーフェアー2007(第6回)
 (主催:CMPジャパン株式会社)
第12回国際食品素材/添加物展・会議(Ifia JAPAN 2007)
 (主催:食品化学新聞社)
SUPPLY EXPO(健食原料・素材・OEM展2007」
 (主催:ヘルスビジネスマガジン社)
出展企業海外を含め600社数える、「健康博覧会2007」
 (主催:CMPジャパン梶j
「統合医療展2007」、医療実践セミナーも同時開催
 (主催:CMPジャパン梶j
2展示会合計で過去最高の430社(776小間)
 (主催:叶H品化学新聞社)
第2回「統合医療展2006」開催、150社(200小間)出展、健康・医療従事者ら集う
 (主催:CMPジャパン梶j
”ヘルスケアビジネス新時代”「コ・メディカル産業展2005」
 (主催:ヘルスケアタイムス社)
米国ニューホープナチュラルメディア社と共同開催「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ
 ・ジャパン2005」
 (主催:ヘルスビジネスマガジン社)
国内外から76社(137小間)出展「HFE JAPAN2005」
 「健康科学宣言」テーマに(主催:食品化学新聞社)
国内外から530社(840小間)出展「健康博覧会2005」
 東京ビッグサイトで開催(主催:CMPジャパン梶j
"高齢者と女性に優しい医療"テーマに「統合医療展2005」
 パシフィコ横浜で開催(主催:CMPジャパン梶j
食品の安全性と健康機能情報を一堂に「第15回食品開発展 Hi/S-tec 2004」
 東京ビッグサイトで開催(主催:CMPジャパ潟刀j
米国・自然健康商品展示会「第23回ナチュラル・プロダクツエキスポウエスト2004」
 アナハイムで米国最大規模の自然健康商品展示会
企業から一般消費者まで幅広くアピール 「第22回健康博覧会」
 東京ビックサイトで開催
疾病のリスク低下をもたらす食物の機能性に焦点「第3回 国際フードファクター会議」
 都市センター会館(東京都港区)で開催
「食品の健康志向化、安全性の探求」テーマに「食品開発展2003」
 東京ビッグサイトで「健康博覧会2003」(主催:CMPジャパン梶jが開催
薬事法、新素材などのセミナーを充実 第21回「健康博覧会2003」
 東京ビッグサイトで「健康博覧会2003」(主催:CMPジャパン梶jが開催
食の安全性・機能性に注視 第13回「食品と開発2002」
 過去最高の340社出展、43,000名が来場
機能性追求を主眼に商品展示 第5回「機能性食品展2002」
 東京流通センターで第5回「機能性食品展2002」(主催:ヘルスビジネスマガジン社 他)が開催
人気は大豆関連、オーガニック「米国NATURAL PRODUCTS EXPO2002」
 チュアブル、水溶性など「一般食品的な感覚」がキーワード
「明日の食品を創造する技術者の祭典」をスローガンに(ifiaジャパン2002)
 食品素材・添加物業界の有力企業250社が出展
食品の安全性と機能性の最新情報をアピール「第12回 食品と開発展」
 国内外から300社以上が出展、過去最大の規模に
新世紀、「食」の先端素材集う(ifia JAPAN2001)
 過去最大の出展小間数、進むIT化への対応セミナーなど
英国「国際食品素材展」より "進化"する食品の機能性
 納豆の血栓溶解酵素"ナットウキナーゼ"を含む製品「NKCP」登場。
出展企業420社、来場者は3日間で44,889人
 21世紀、健康産業は日本の基幹産業に「TOKYO INTERNATIONAL HEALTH INDUSTRY SHOW2002」
国内外の食品関連企業約200社が出展(ifia JAPAN2000)
 国際食品素材展「ifia JAPAN2000」

Copyright(C)2005 JAFRA. All rights reserved.